金沢へお越しの際にはぜひとも行ってみてもらいたいのがひがし茶屋街です。こちらは有名な観光スポットの一つとなっていて情緒豊かなエリアです。かつての茶屋街の面影が今でも色濃く残されているのです。

茶屋街金沢には3つの茶屋街が存在しているのですが、その中でも特に有名なのがひがし茶屋街なのです。
ひがし茶屋街は江戸時代の末期から明治時代頃までの町家が今でも残されているのです。
かつては種々雑多なお店が建ち並んでいるエリアとして人気を集めていました。
きちんと整備保存されている街並みには格式高い茶屋が今でも残っています。
今でも一見さんをお断りして営業を続けているお店があります。
宵の頃になると太鼓や笛、三味線の音を聴くことができるでしょう。

現代の日本の都市にはすでに存在しない茶屋街という独特の雰囲気を楽しむことができるでしょう。こちらの街を歩いていると当時の街の雰囲気を容易に想像することができて、まるでタイムスリップをしたかのような気分に浸れるのです。大通りだけではなくて、細い路地も情緒があるためおすすめです。こちらはさまざまな飲食店が存在しており、おいしい食事をしたり、美味しいお茶を飲んでゆったりできるでしょう。気軽に足を運べる雰囲気のある街です。