Blog

アートなら金沢21世紀美術館

金沢は観光都市としてどんどん新しいスポットが誕生しています。

その中でも金沢21世紀美術館というのは、21世紀になってから金沢に新しく誕生した観光名所であり、見どころがたくさんあります。

こちらは新しい文化を創造して、まちに賑わいをもたらすことをコンセプトとして誕生しました。
単に古い美術品ばかりを集めているのではなくて、現代芸術の新しいアートを積極的に展示しているのが特徴となっています。定期的にいろいろなイベントを開催している点も魅力となっており、何度訪れても新しい発見のあるスポットなのです。

金沢駅からはバスで10分程度でアクセスすることができるためすぐに向かえます。こちらはまず美術館の建築としての魅力に目を見張るでしょう。総ガラス張りとなっており、円形の建物はすべてが正面となっています。正面や裏側という区別が存在していないのです。金沢といえば古都としてのイメージが強いでしょうが、そのようなイメージとは相反するような現代的な雰囲気のただようスポットなのです。

無料で入場することができるエリアが広がっているのが特徴となっており、お金をかけないでも楽しめます。こちらを代表する作品の一つとして、スイミングプールがあります。上から覗いたら人が中で歩いているように見えて、下から見ると自分が水の中にいるような錯覚を味わえるのです。人間の五感に訴えかけるような展示が多いのが特徴です。


情緒ならひがし茶屋街

金沢へお越しの際にはぜひとも行ってみてもらいたいのがひがし茶屋街です。こちらは有名な観光スポットの一つとなっていて情緒豊かなエリアです。かつての茶屋街の面影が今でも色濃く残されているのです。

金沢には3つの茶屋街が存在しているのですが、その中でも特に有名なのがひがし茶屋街なのです。
町家ひがし茶屋街は江戸時代の末期から明治時代頃までの町家が今でも残されているのです。
かつては種々雑多なお店が建ち並んでいるエリアとして人気を集めていました。
きちんと整備保存されている街並みには格式高い茶屋が今でも残っています。
今でも一見さんをお断りして営業を続けているお店があります。
宵の頃になると太鼓や笛、三味線の音を聴くことができるでしょう。

現代の日本の都市にはすでに存在しない茶屋街という独特の雰囲気を楽しむことができるでしょう。こちらの街を歩いていると当時の街の雰囲気を容易に想像することができて、まるでタイムスリップをしたかのような気分に浸れるのです。大通りだけではなくて、細い路地も情緒があるためおすすめです。こちらはさまざまな飲食店が存在しており、おいしい食事をしたり、美味しいお茶を飲んでゆったりできるでしょう。気軽に足を運べる雰囲気のある街です。


金沢の宿泊旅行の醍醐味

宿泊旅行を計画している方は多いでしょう。ずっと同じ地域で家や会社、その周辺で生活を繰り返しているとしだいに気分が沈みがちになっていきます。単調な生活にあきあきしてくるという方は多いでしょう。そのような生活に刺激を与えるためのきっかけとして宿泊旅行はおすすめなのです。

日本どこか遠くの地域まで足を運んでそこで宿泊をしてじっくりといろいろなスポットを見て回って旅行をすることに憧れている方はたくさんいます。
日本にはさまざまな土地があり、それぞれ独自の特徴があるのです。
そのためどこへ行くべきか迷っている方が多いかもしれませんが、さまざまなエリアの中でも特におすすめなのは石川県の金沢です。

金沢といえば加賀百万石の街として有名であり、かつては日本でトップクラスに繁栄していた都市です。
今でもその当時からの伝統が残されており、当時の街並みが残されていたり、いろいろなスポットが存在している魅力的な街となっているのです。しかし、金沢についてはあまり詳しく知らないという方は多いでしょう。特に北陸以外の出身の方というのは気軽に金沢へ行くことはできなくて、日頃の交流もないためどのようなスポットがあるのか分からないという方も多いでしょう。

当サイトでは金沢の魅力を存分に紹介します。金沢へ宿泊旅行をする際にぜひとも訪れて欲しいスポットをまとめました。金沢の良さを満喫するために最適なスポットとなっているでしょう。ぜひとも金沢の魅力を実際に体験してみてください。